• twitter
  • facebook
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定
【概要】
統計解析パッケージ「IBM SPSS Statistics」を利用して、対応のあるサンプルの検定と反復測定について、手法の解説とともにSPSS Statisticsを利用した手続きについても解説を行います。

対応サンプルの検定と反復測定の基本的な解説から、対応サンプルの検定として被験者が同じ場合の検定の仕方、2回の繰り返しの検定、作図と反復測定:被験者内効果の検定、被験者間効果の検定までSPSS Statisticsを利用しながら学習することが可能です。

【内容】
  1. 1.反復測定の考え方
     1.対応のあるサンプルのt検定
     2.対応サンプルの特徴
     3.反復測定

  2. 2.対応サンプルのt検定
     1.対応のあるサンプルのt検定
     2.対応サンプルの統計量と検定

  3. 3.作図:箱ひげ図、エラーバー、プロット
     1.作図:箱ひげ図
     2.作図:エラーバー
     3.作図:棒グラフ

  4. 4.反復測定 Repeated ANOVA:被験者内効果の検定
     1.三回以上の繰り返しの検定
     2.プロファイルプロット
     3.被験者内効果の検定

  5. 5.反復測定 Repeated ANOVA:被験者間効果の検定
     1.グループを含む繰り返しの検定
     2.プロファイルプロット
     3.被験者内効果の検定
     4.被験者間効果の検定


【利用期間】 受講開始から60日間
【対象】​SPSS Statisticsを導入し、対応サンプルの検定と反復測定
【平均学習時間】120分

【受講に関しての注意事項】
・当コースはNTTひかりスタディを通して提供します。
・受講はお申込者ご本人様に限ります。
・公費払い/法人払いの場合には後払いをお受けいたします。
  (法人払いについては後払いをお受けできかねる場合もございます。)
・一旦、納入いただいた受講料は、受講前・受講途中に関わらず、いかなる理由であっても払い戻しや別セミナーへの振替はできません。
・当申込みによりスマート・アナリティクス株式会社が取得した個人情報は、弊社プライバシーポリシーに基づき、受講手続きや各種連絡、講座運営やダイレクトメールなどの方法で弊社のセミナー、製品のご案内をお送りするために利用します。
・スマート・アナリティクス株式会社 個人情報保護方針:https://smart-analytics.jp/privacy_policy/
・同業・競合企業の参加はご遠慮いただいております。
 
【利用環境】
 < PC >
 OS:Windows 8.1 / Windows 10 / Mac OS 10.16
  •  ブラウザ:
  •  - Internet Explorer 11.0.9600.19811 / Google Chrome ver. 85.0.4183.102
  •  - Microsoft Edge ver. 85.0.564.51 / Safari ver. 13.1.2
< タブレット / スマートフォン >
 OS : 
Android 8/9/10/11 / iPad OS 13.7/14.0 / iPad OS 13.7/14.0
 ブラウザ:
(Android 8/9)Google Chrome ver. 85.0.4183.127
(Android 9/10/11)Google Chrome ver. 85.0.4183.101
 Safari ver. 13.1.2, 14.0

【オンライントレーニング】IBM SPSS による対応サンプルの検定と反復測定

0point

+ −